尿石症と食事療法③:シュウ酸カルシウム

今日はシュウ酸カルシウム結石のお話です。
今回で尿石症のお話は完結となります!
前回はこちら
ハリネズミと尿石症①
ハリネズミと尿石症②ストラバイト

シュウ酸カルシウム結石

これはストラバイトの治療中になりやすい結石です。
ストラバイトの治療では尿pHを酸性にすることが大事でしたよね。
食事療法によってアルカリ性に傾いた尿を酸性にして結石を溶かすことが目的でした。
しかし、過剰にやりすぎると酸性になった尿が持続し、カルシウム濃度がUPして起こってしまうんですね。

原因として

尿pHの低下(=酸性尿)の持続
マグネシウムの過剰制限
ビタミンDの過剰摂取
消化率の低い食べ物の摂取

があげられます。


この結石の特徴として、食事療法では溶けず、外科手術のみの処置となります。
ストラバイトでは食事療法が有効でしたが、シュウ酸カルシウム結石では無効です。
また、再発率が高いことが厄介です。


しかし、再発予防のためには食事療法が役に立ちます。

①水量摂取量の多い食事をとる
②シュウ酸の多い食事は避ける
③リンやマグネシウムの制限をしない

シュウ酸の多い食べ物とは

高シュウ酸食
アスパラガス
ブロッコリー
にんじん
ほうれん草
サツマイモ
とうもろこし
かぼちゃ
りんご
ナシ
豆腐

高カルシウム食
ブロッコリー
ほうれん草
豆腐
牛乳
チーズ
ヨーグルト


乳製品をはじめとする副食の摂取を禁止するだけで予防できる、という例もあるそうです。



以上、尿石症についての話でした。
尿石症は、発生する結石になり治療法が全く異なります。
良かれと思っていたことが、結石を悪化せれることもあるのでまずが原因となる結石が何なのか、を認識することが大事です。
日ごろの食事管理と定期的な尿検査が重要になるため、常日頃注意していきたいですね。

IMG_9087

人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

ハリネズミと外来生物、帰化

捨てられた迷子のハリネズミの記事にも記載したとおり、図書館へ行ってきました!

そして生物学の棚で面白い本を見つけました。
『日本外来哺乳類フィールド図鑑』です。

帰化した外来動物に関しての本でした。
ザ・ハリネズミにも記載がありますが、ハリネズミも外来生物。
いるからな~?と思ってめくってみたら、ハリネズミのページを発見!よしよし。

本は第1章、2章と構成されていて第1章は国外外来種でした。
国外外来種とは、日本で野生化している外国産の種のこと。
ハリネズミは第1章にいました。

ナミハリネズミについての記載でした。
ナミハリネズミは別名ヨーロッパハリネズミ。
原産がヨーロッパ北部・西部。

今ペットとして飼われているヨツユビハリネズミとは違う種類です。
ナミハリネズミは特定外来生物ではなく、『要注意外来生物』に指定されています。

生態系への影響ははっきりしているが、その規制は難しく、科学的知見や情報がとぼしい外来生物について、環境省が特定外来生物とあわせて、リスト化して注意を喚起したもの。これも哺乳類から植物まで148種が挙げられており、うち哺乳類は15種。

とのことです。

飼うとよいペットになるというのだが、そのペットのものが逃げ出したか捨てられたかして野生化し、1987年に神奈川県小田原市郊外で初めて確認された。この前後に岩手、長野、富山でも見つかり、とくに1990年から栃木県真岡市では集中して捕獲や目撃の例が相次いだ。2003年になると静岡県伊東市で数多く保護されたり、捕獲されたりしている。すでに人家の庭にも姿をみせて餌付いており、夜間には道路で轢かれる例も多い。

ハリネズミが帰化した原因はペットとして飼われていたものが捨てられたり、逃げ出したりしたことによる、とのこと。

飼育下からの離脱ってことですね。

ナミハリネズミは、前普通にペットとして飼われていたみたいですね!
見てみたかったなぁ。
生きているナミハリネズミは見たことないんですよね。

話はそれましたが、ペットを捨てたり逃がしたりするのはどうにもいけないことですよね!!
逃げ出したり捨てられた動物はえさを求め、移動し、生き延びるために必死です。
環境になじまず、途中で命を落としてしまう個体もいるでしょう。
運良く(というべきか否か…)ほかの個体と出会い、繁殖し、個体数を増やす。
この繰り返しで動物は増え、野生化した動物へとなることでしょう。

捨てられたり逃げ出した動物の未来は、死ぬか生き残るか。

残酷な現実です。

晩秋には冬眠に入り、春まで眠り続ける。しかし、聞き取り調査では冬も活動している情報があることから、冬眠しない種が入り込んでいる可能性がある。(静岡県伊東市)”

冬眠しない種が入り込んでいるとのこと…!
もしかしたらヨツユビハリネズミかもしれないですね~。。。
ヨツユビハリネズミは寒いところでは生きてはいけないといわれているけれども、環境に適応して生き延び、繁殖して数を増やしていくとナミハリネズミと同じ未来が待っているかもしれません。

帰化生物の主な問題点は、生態系を壊してしまうところ。
ハリネズミの場合だと、昆虫を主食としています。
ハリネズミが増えすぎて、特定の昆虫をたくさん食べるとその昆虫がいなくなってしまうかもしれません。
在来いるはずの種が絶滅したり減少する可能性があるのです。

本来いるはずのない動物がたくさん増えると生態系へのバランスが崩れてしまいます。
また餌を求めて人里へ降りてくるかもしれません。
畑や農作物を荒らしたり、人への危害を加える可能性もあります。
また病原体を持っている可能性もあります。

近縁の種と交配し、雑種が生まれ、既存の種が失われていくという遺伝子の汚染の恐れもあります。
増えて、野生化した危険な動物は、今後ペットとして自由に飼うことができなくなってしまう恐れがあります。
ヨツユビハリネズミもそのような未来にならないために、私たちは気をつけなくてはなりませんね。

絶対にペットを逃がしたり、捨てたりしてはしないでくださいね。




人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

捨てられた迷子のハリネズミ

今朝PCを確認したところ、1通のメールが届いていました。

最近、相模原駅でハリネズミが保護されたことをご存知でしょうか?
「相模原 ハリネズミ」で検索したところこちらのお店がヒットしたので、もしかしたらそちらのお店で購入された子の可能性があるかと思い、連絡しました。
近くでこのようなことがあったということを報告させていただきます。〔情報源のtwitterのURLあり〕

弟が小田急相模原でハリネズミを拾ってきました。
お探しの方はいますか?
でも捨てられたのかなと。
僕は飼う事ができないのでご連絡ください。〔2/24twitterより〕

簡単にまとめるとこのような内容でした。

私が住んでいる地域で迷子のハリネズミがいるという悲しいことがおきてしまいました。
本当に残念なことです。こんなことはあってはならないです。

ハリ飼いさんなら、この寒空の下ハリネズミがどうなるのか。

少し想像すればハリネズミがどんな思いをするのかわかりますよね…。

返信不要、との記載がメールにあったので、ブログにてお返事させていただきますね。


 

情報源のツイートは、友人よりtwitterにて連絡があり、水曜日に存じ上げておりました。
その後、ツイートを拝見しており、引き取り手が見つかったとのことで胸をなでおろしていたところです。
twitterには迷子のハリネズミの写真も一緒に添付されていました。
針はシナモン色。鼻と耳はピンク。
目は写真ではあまり鮮明にうつっていませんが、おそらく黒かルビー色。
マスクはなし。写真から推定するとシニコットカラーだと思われます。
かわいいハリネズミちゃんでしたね。

初対面であろうハリネズミを保護してくれた方の前でも顔を見せて写真を撮ることができているので、ある程度人になれていて飼われていたペットであることが想像できます。

当店では今までにシニコットカラーのハリネズミちゃんが生まれたことはなく、販売もしておりません。

また地域も小田急相模原と情報源に記載がありましたが、過去に近辺でハリネズミを引き渡したことはありません。(もちろん遠方から移動してきた可能性もあります)
よって当店で生まれ、購入された子ではないと推測されます。

とはいえ、どこで生まれ購入されたハリネズミであろうとハリネズミはハリネズミ。
ハリネズミは温度管理が必要な動物です。
日本の冬では生き残ることはとても厳しいです。

また捨てたり、逃がしたりすることは動物愛護法で禁じられております。
ペットを捨てる、逃がすということは絶対にあってはならないこと。
二度とおきてはならないことです。

当店では「今後ハリネズミの家族になりたい」という方にペットを逃がしたり捨てたりすることは禁止されているということを飼育前にお伝えしております。
迷子のハリネズミが二度で現れないように、現在ハリネズミを飼っている方を含め、すべての方に知識・情報を周知することを引き続き行っていきたいと思います。

そしてハリネズミが幸せに暮らせるようにお手伝いをさせていただきたいです。
このたびは知らせていただきありがとうございました。


このブログの読者の方々にも周知したい、という想いからブログに書かせていただきました。

また、迷子のハリネズミのツイートをきっかけに、急いで図書館へ調べ物をしてきました。

捨てられたり、迷子になった動物たちの未来は?

次回ブログに書こうと思います!

IMG_8422



人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

尿石症と食事療法②:ストラバイト

今日は尿石症の1つである、ストラバイト尿石症のお話です。

前回のお話の続きです♪

ストラバイト尿石症

犬猫ともにもっとも発生頻度の高い尿石症です。
別名リン酸アンモニウムマグネシウム。

犬の感染性ストラバイト尿石症、猫は非感染性ストラバイト尿石症が大半を占めます。

特徴としては尿pHはアルカリに傾いているということ。

アルカリ性で結石が形成され、酸性になると溶けてなくなります。

ちなみに結石の形成は

結石の形成=尿pHがアルカリ性+尿中でリン酸アンモニウムマグネシウムが過剰飽和 

と二つの原因が合わさっております。

犬の感染性ストラバイト尿石症

犬の場合、ほとんどが尿路の感染にかかっていることが多いです

例えば、膀胱炎になった場合、pHが酸性→アルカリ性になるので結石ができやすいんですね。

またタンパク質の過剰摂取も、尿pHをアルカリ性する原因の一部でもあります。

よって、治療としてはまず、尿路感染症を抗生剤で治療します。

同時に食事療法も開始します。

ここではタンパク質・リン・マグネシウムの制限を目的とした食事療法です。

ただし、長期によるタンパク質の制限は危険なので注意が必要ですね!

ネコのストラバイト尿石症は非感染性

ネコは尿路感染による尿石症が少ないこと特徴です。(ただし、10歳以上のネコは細菌性膀胱炎が増えます)

原因となるミネラルが多いこと、繊維が多い食事、タンパク質が含まれる食事、が危険因子となります。

また、ストラバイトとシュウ酸カルシウム尿石症以外の尿石症にはほとんど発生しません。

ストラバイトは若いネコ、シュウ酸カルシウム尿石症は高齢ネコに多く発生します。

 

ネコの尿石症の管理方法は、犬と同様、食事療法が中心です。

また尿、pHは食事の内容だけでなく、給与方法にも関係があります。

ネコは犬とは違って自由採食であることが多い動物です。

*自由採食…食べたいときに好きなだけ食べられる方法

1日1回の給与方法では食事後尿pHが急激にアルカリ性に傾くため、自由採食だと比較的尿pHは安定します。


IMG_9972

さて、今日はストルバイトについてのお話でした。

次回、「ストルバイト以外の尿石症と高カルシウム・高シュウ酸の食べ物の種類」を書いて尿石症はおしまいです。

犬猫ともに多いストラバイト。

そして「高タンパク、低脂肪、高繊維」を!と言われているハリネズミの食事。

これは…ストラバイトと関係ありそうです。

キャットフードは、高タンパク、低脂肪、高繊維に作られている訳で。

ハリネズミの理想食と類似しているからキャットフードを与えているわけなんですがね。

ハリネズミは歩くときに身を低くしているので、性器や肛門等にバイキンが入りやすく、膀胱炎にもなりがち。

ますます注意が必要かもしれない病気ですね!



人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

尿石症と食事療法①

今日は尿石症のお話です。*犬猫のお話です

まず、全体の目次となるものを。(字が汚いことはご容赦ください;汗)

IMG_0703

尿石症とは

では、名称の確認をしましょう。

腎臓と膀胱は尿に関する臓器です。

腎臓は尿を生成、膀胱は尿をためます。腎臓から膀胱へと運ぶ管を尿管といいます。

ちなみに膀胱から排尿へと至る最終通路を尿道といいます。出口にあたる部分は尿道口です。

この「腎臓から尿道口まで」をまとめて尿路系と呼びます。

尿路系に生じた結石を尿石と呼び、尿石による病態を尿石症と呼びます。

つまり尿にかんする通り道に石ができて、様々な症状が起こるんですね。

結石=ミネラル成分が集まったものです。

尿石症には様々なものがありますが、主に問題となっているリン酸アンモニウムマグネシウム(別名ストラバイト)とシュウ酸カルシウムの2種類をとりあげますね。

発生要因

結石の種類に関係なく、発生要因は4つ存在します。

  1. 食事中の無機塩類の不均衡
  2. 尿中の無機塩類の沈殿・析出を促進する要因
  3. 飲水量の低下
  4. 尿石の核をなす物質の存在

尿石症の治療・予防には

尿中の無機塩類の析出を抑える、つまりマグネシウムやカルシウムなどの無機塩類の摂取量を抑え、十分な尿量を維持し、尿pHを維持する必要があります

pHは水素イオン指数とも呼ばれ、7だと中性になります。

酸性<7(=中性)<アルカリ性

ちなみに肉食動物は酸性寄りになります。

尿pHは無機塩類の析出と密接に関係があります。

例えば、ストラバイト結晶はアルカリになると析出します。

酸性になると溶けてなくなるので、尿pHを酸性に維持することが大切です。

また、飲水量は気温に密接に関係します。

秋~冬は低下するため、尿石症が多発しやすくなります。

また尿石には核があります。

核となりうる物質として、尿路系で脱落した上皮や壊死物質が挙げられます。

脱落したり、壊死物質が発生する原因が感染です。

このため、膀胱炎は尿石症のリスクを増大させる、と考えられています。



さて、長くなってきたのでこの辺で!

ストラバイトは「ストルバイト」とも呼び名がありますが、ここではテキストに合わせてストラバイトと表記しております。

尿石症は尿路結石症とも言いますね。

いや~こう考えると尿石症って怖いですね~。。。体の中に石ができるなんて!;;

人もできますよね。男性に多く、想像を絶する痛みで七点八頭するとかなんとか。。。

ハリネズミも膀胱炎になるし、尿石症になりますもんね。

実際に我が家でも膀胱炎は経験あります;

ではまた次回♪

IMG_0713



人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

教科書的な内容を書くにあたって

まず、教科書的な内容を書くにあたって「なぜ書こうとおもったのか?」を書いておきたいと思います。

IMG_0711


画像、ですですになっちゃった…!笑

まず第1に現在ペット栄養管理士の資格を取得しようと思っているからですね。

資格取得にはまず試験に受からなくてはなりません。

そのためは勉強!ひたすら勉強!なのです。

その勉強の一部として、ブログにまとめることにしました。

整理していないとブログにできないですもんね!

第2に「食べることは生きること」。これを皆さんにも伝えたいなと思ったからです。

「医食同源」という言葉もありますね。

病気と栄養管理には密接な関係があります。

食事の力ってとても大きいんと思うんです。

食べることは私たち人間にとっても生きる上に欠かせないことですよね。

そして楽しみなことでもあります。

私が食べることが大好き!なので食べること、栄養に関することに興味があるので勉強しております。

これは母が栄養士、祖父母が農家ということもバックグランドとしてあるかもしれませんね。

第3に面白そうだから。

自分が興味あるので、ブログに書きます。

これが大部分かもしれません。。。笑


ここで注意していただきたいことは、ペット=犬・猫であるということ。

これから書く内容な主にイヌネコが中心のお話となります。

なのでハリネズミに当てはまるかというとそうではないところがたくさんあります。

しかし、ハリネズミに共通することもたくさんあります。

そのため、私にとって損するようなことではないため、勉強をしておりますことをご理解いただけたらと思います。

人のことも全部が研究済、原因究明されているかというとそうではない。

犬猫はもっと研究が進んでいない。

ハリネズミはもっともっともーーっと研究が進んでいない分野。

少しでも研究がすすんでいる分野からアプローチしていきたいなと思っております♪

また客観的な事実と主観的な内容を混合しないように注意を払っています。

最後に、まだまだ勉強中の身であるということで温かい目で見て下さると幸いです。

そんなことを踏まえて読んで下さると嬉しいです♪

まずは尿石症について。長くなりそうです…笑



人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

ペット栄養管理士講習 2日目

昨日が講習会2日目でした。

2日目は

  • イヌとネコの肥満
  • 歯科疾患と食事
  • ペットフードの添加物
  • ペットフードに使用される主な原料
  • うさぎの食事と病気
  • 問題題行動と食事

です。
どれもこれも興味深いでしょう??(^○^)

IMG_0521


本当に勉強になる内容です。

IMG_0522


うさぎさんの勉強もしました。

草食動物の体のつくりは全然違うんですね~!
改めて驚きました。

これから復習しなくては~♪




人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

ペット栄養管理士講習Aへ行ってきました

2016年1月30、31日と日本獣医生命科学大学にて行われた「ペット栄養管理士養成講習会」に行ってきました。

前回はC教程だったので、今回はA教程です。
IMG_0515


前回の様子はこちら
ちなみにABCと3教程あり、すべての教程を修了しないと認定試験をうけることができません。


1日目の内容は

  • 栄養素の消化と吸収
  • 術後の栄養管理
  • アレルギー性疾患

でした。


どれもこれも大事なことばかり。一言も聞き漏らすことができません~;(当たり前ですね!

ちなみにハリネズミのハの字も出てきません。

イヌネコの話がメインです。

しかし基本である犬猫がわかっていないとハリネズミも理解することができません。

遠回りのように見えて近道!なはずです♪笑




人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

ペットフード販売士、取得しました

タイトル通りですが、ペットフード販売士の資格を取得いたしました♪O(≧∇≦)O

001 (12)



英語表記だと「Petfood Sales Adviser」。


なんかかっこいい…!笑


9月4日に行われた第三回の試験に無事合格してほっとしています。


ペットフード販売士は、一般社団法人ペットフード協会が運営する認定資格を取得した者のことです。


生態をはじめ、ペットフードの製造過程や保管方法などの注意点なども多岐にわたって学ぶことができました。


ドッグフードとキャットフードに関することですが、知識と情報はハリネズミにも応用することができるんです♪


それにハリネズミはキャットフードをご飯に混ぜているよ!という方もたくさんいますし、キャットフードとハリネズミの関係は深いと考えています。


今後とも、ペットフードを選ぶ際に有益な情報をより一層オーナーさまに提供していけたら、と思っておりますのでよろしくお願いします!


IMG_8793



人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

 

ペット栄養管理士養成講習会に行ってきました!

タイトル通り8月29、30日で養成講習会に行ってきました♪

これは「ペット栄養管理士」の取得のための講座なのです。

ペットの栄養に関する知識を習得、ペットフードの品質向上を図るために制定された資格となります。

内容は栄養素に関すること、ペットのからだのしくみ、関連法規、病気、ペットフードについて…などなど多岐にわたります。

テキストはこんな感じ。



このテキスト5cmくらいの厚みがあります…ひぃ~笑


IMG_8541


ここでいうペットとは犬猫なので、ハリネズミには直接関係ありませんが、基本的な栄養素を勉強すること、研究が進んでいる犬猫を知ること、病気の知識など応用できることがあるはず!!

と思いまして資格取得をすることに致しました♪

実際の講習は内容が濃く、とっても楽しかったです!!

大学教授の方や、ペットフード会社の方、獣医師の方が講師なので現場の話が聞けて充実した内容でした。

途中、化学式が出てきて、うっ…と思ったりも。

がっつり勉強して頭がパンパンでした。。。笑

勉強が楽しいなんて…と自分でも驚きますが、自分の興味があることを勉強することは楽しいんですよね!^^*

これから勉強した内容もブログで情報発信できたら、と考えております♪


人気ブログランキングへ

画像をぽちっと押してくださるとランキングがUPします!

にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村