主食は?

主食はハリネズミ専用フード

ハリネズミたちは何を食べ、何を飲んで生きているのでしょうか?
ここではハリネズミたちが生きる上で大切なハリネズミの食事についてみていきます。
食事をとるということは生きていく上で必要不可欠です.
体調の変化や病気の予防など、健康面と直結してきます。また成長具合や繁殖能力、免疫力、寿命とも関係していきます。
しっかりと学んできましょう。

ハリネズミ専用フードをもぐもぐ

ハリネズミの主食はハリネズミ専用フードです。
ドッグフードやキャットフードのようにペレット状になっています。
顎の力が弱いハリネズミ用に比較的粒が小さめに作られています。
基本的に水でふやかしてから少し芯が残る程度にして与えます。
粒が小さいものをふやかさずドライのまま与えることも良いでしょう。

実はハリネズミの必要な栄養要求量は正確にわかっていないというのが現実です。仲間であるナミハリネズミの研究や、体の仕組み、ハリネズミの食性、これまで飼育してきた方々の経験をもとに日々、進歩しているのが現状なのです。
上記のことを踏まえ、現在、「主食を総合栄養食とし、昆虫類や野菜・果物は副食・おやつとして与えることが最適である」と考えられています。

基本的な考え方として以下のことが挙げられます。

  1. 動物性タンパク質を十分に必要とする
  2. 外骨格(例:コオロギ)の昆虫類を食べているので他の動物よりも繊維質を多く与える。
  3. カルシウムとリンのバランスを適切に摂取する。理想はカルシウム:リン=1.5:1.0。
  4. 成長期、妊娠・授乳期には十分な栄養が必要となる。

*「総合栄養食」…動物にとって必要な栄養素をすべて含んだフードです。このフードと水があれば、健康的な生活を送れるように設計されたフード。

ハリネズミの必要栄養要求量(目安)

タンパク質

30~50%
脂質 10~20%
繊維 約15%

 

代用できるフードも混ぜて与える

ハリネズミのご飯は他の動物のもので代用できます。

いろんなものを食べよう!(…これは食べられないよ;)

ハリネズミ専用フードは開発途上で、食いつきがいまいちなものも多いです。
そもそもハリネズミ専用フードができたのはここ最近のこと。
発展途上であるということを頭に入れておきましょう。
ハリネズミ専用フードができる前は、キャットフードやフェレットフードで飼育できていたという過去のデータがあります。
研究が進んでいる安全なキャットフード等も一緒に混ぜてあげることで、食欲増進につながり、ハリネズミ専用フードだけでは補えない栄養を摂り入れます。(ペットフード安全法で守られているものは犬猫のみです。)
様々なフードをあげることで偏食対策にもなります。(偏食しないようにする方法参照)

数種類のフードを織り交ぜて与えましょう。

☆ドッグフード

ドックフードをキャットフードを比べると、キャットフードの方が高たんぱくなため、ハリネズミに向いているといえます。信頼できるメーカーから選びましょう。

☆キャットフード

代用できるフードの中で一番最適なフード。
信頼できるメーカーで、脂肪分が少なく、繊維質が多めなものを選びましょう。
ハリネズミ専用フードよりも脂肪分が多めなので、口当たりもよく、嗜好性も高いです。
ハリネズミ本来の食性より、魚肉よりも獣肉(チキン)を主原材料にしたものを選びましょう。

☆食虫目用フード

昆虫類を食べる動物用のフードです。他のものと混ぜて補助的に与えましょう。種類が少ないことが難点です。

☆フェレットフード

高タンパクで高脂肪であることが特徴です。高脂肪のものを与え続けると肥満はもちろんのこと、膵炎(すいえん)などの病気を引き起こすことがあるため、与える際は注意をしましょう。