抱っこ&部屋んぽしよ

部屋んぽしよう

へやんぽが大好きだよ☆

部屋んぽとは、安全な状態にした部屋の中でハリネズミを散歩し、遊ばせること。
外での散歩は逃げ出してしまう恐れや外敵(カラスなど)の危険があるため、あまりお勧めはしません。
安全な状態にした部屋の中で散歩させることによって、運動になります。
また狭いケージの中にいると退屈してしまうので、適度な刺激にもなります。
ふれあいの時間にもなり、飼い主との良いコミュニケ―ションの時間にもなるのでメリットはたくさんです。


ハリネズミは探検が大好き。
部屋んぽに最中、隙間に入ったりクッションの下に潜ったり、においを嗅いでみたりかじったりします。
あっちへふらふら、こっちへふらふら。
すたたっと思いがけないスピードで走り回ることもあります。
ケージ内では見られないハリネズミのイキイキとした表情を見ることができます。
飼い主の所へ近づいてきたら、好きなおやつを与えると良いことがあると覚えてくれるかもしれません。

また健康チェックもこの時に同時に行いましょう。
歩き方に異変はないか、元気はあるかなど確認します。
誤飲・誤食、怪我や事故のないように、部屋んぽは必ず安全な場所で行います。
サークルを用意したり、場所を区切って遊ばせると安全です。

部屋んぽが終わったら、排泄物や抜け針が落ちていないか確認しましょう。

注意点

  • ハリネズミがかじりそうなものは除去&保護(例:電気コードは保護チューブを巻くなど)
  • ハリネズミが口にしてはいけないものを片づける(例:輪ゴム、ピン、食べ物、タバコなど)
  • ドアや窓を必ず閉めて脱走防止
  • ハリネズミから目を離さない
  • 常に位置を把握し、踏んだり蹴ったりしないように事故防止
  • 隙間に入られて困るところは隙間を埋めてガード
  • 部屋んぽの前後に掃除を行う
抱っこしてみよう

掃除のとき。部屋んぽのとき。体調チェックのとき。ハリネズミを抱っこするには機会は意外とたくさんあります。

基本的にハリネズミの両脇から体の下へ手を差し入れ、そっとすくい上げるように持つと良いでしょう。
この時イガグリになってもそのまま素早く持ちます。
ここで躊躇してしまうとハリネズミにもずっと怖い思いをさせてしまうのですっと素早く持ち上げます。
ポイントは飼い主さんが抱くことを恐れないこと。
恐怖心は伝わるもので、落ち着いて接しましょう。
不思議なことに抱いてしまえばイガグリも解除され、落ち着いてきますよ♪

★慣れている子の場合★
①ハリネズミの正面から手を差し込みます。

 

 

 

 

 

②足の付け根まで差し込みます。

 

 

 

 

 

③慣れている子だと手のひらに乗ってきてくれます。

 

 

 

 

 

④お尻をもう片方の手で支えます。

 

 

 

 

 

⑤そのまますくいあげます。自分の体とハリネズミをぴったりとくっつけると安定して抱っこすることができます。