特別なお世話

ハリネズミは綺麗好き

ハリネズミは自分でグルーミングを行う綺麗好き。
基本的にお風呂やシャンプーなどの必要はありません。

(海外などのサイトでハリネズミを仰向けにしてお風呂に入れる、といったものを見かけますがやめましょう。鼻などからお湯が入り溺れてしまいます。肺炎になり死亡してしまうこともあります。)

特に幼少期、高齢のハリネズミは体力や免疫力が落ちやすく、温度調整がうまくいきません。
幼少・高齢のハリネズミをお風呂にいれることはしないでください。

足湯をする
タオルドライでしっかり乾かす

タオルドライでしっかり乾かす

野生下では歩き回っているうちに自然に汚れは落ちていくのですが、狭い飼育施設の中だけでは汚れは落ち切りません。

特に回し車で排泄してしまうハリネズミは足が汚れやすいです。
爪の間に糞が入ったり、お腹周りを汚すこともあるかと思います。

その際には足湯をオススメします。
洗面器などに、ごく浅くお湯を張り、ハリネズミを足湯させます。
お湯は熱すぎないように注意。
洗った後は素早く体を乾かします。
できるだけタオルドライをし、水分を拭き取ります。
ドライヤーを使用する際は遠くから風を当てるようにします。近距離で当てることのないようにしてください。
冬場は寒いため、なるべく行わないようにしましょう。
行う際は洗面所や部屋の空気をすべて温めてから行いましょう。

ただし、幼少期や高齢期のハリネズミに対して行うと負担になるため、できるだけ足湯は行わないようにしましょう。獣医師の指示を仰ぐようにしましょう。

爪切りをする

野生下ではたくさん歩き回っているため、爪は自然に削れていきます。
しかし飼育下では限られたスペースでしか動けないため、そうはいきません。

対処として、爪が伸びすぎない環境を作ることです。
レンガや素焼きの鉢植えを入れておくと爪が削れやすいです。
レンガは鼻先を擦ってしまうこともあるのであまり目が荒くないものを使用しましょう。

爪が伸びすぎた際には爪切りを行います。
慣れているなら、仰向けの状態で爪を切ります。
仰向けを嫌がるようであれば、抱えたまま切ります。
オススメは洗濯ネットなど目の粗いものを用意し、足を出して切る方法です。
またご飯に夢中になっている時もねらい目です。
大きな音などで体を丸め、足を引っ込めてしまうので、決して一気にやろうとせず、1本ずつ良いので進めていきます。
切るときは先端を切ります。深爪すると出血します。
その際には圧迫止血法(少し力を入れて傷口を押さえて止血)をします。

また無理をせず、病院でもやってもらえるところもあります。
まずは何より爪が伸びない環境作りを整えましょう。